貸し切りツアーバスの85%で労働法令違反

厚生労働省は、ツアーバスを運行する貸切バス会社196事業所に対する抜き打ちの「集中監督」を今年1〜3月に実施した結果、約85%の事業所(166事業所)において労働関係法令違反が認められたと発表した。 三六協定を結ばずに時間外労働をさせるなど、労働時間関連の違反が最多だった。違反事業所には改善報告書を提出させる。 〔関連リンク〕  ツアーバスを運行する貸切バス事業場に対する緊急の集中監督指導実施状況  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000122572.html 週刊SJSより
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム