2,311事業所で違法残業 是正勧告を実施

厚生労働省は、昨年11月に実施した、過重労働が疑われる5,031事業所に対する重点監督の結果、2,311事業所(約46%)で違法残業があったと発表した。 月200時間超の残業があった事業所は38、賃金不払い残業があった事業所は509に上った。同省はこれらの事業所に対して是正勧告を行った。 〔関連リンク〕  平成27年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000113029.html 週刊SJSより
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム