厚生年金 故意の加入逃れに刑事告発を検討

塩崎厚生労働大臣は、厚生年金への加入逃れをしている事業所への立入り検査を強化し、悪質な事業主については刑事告発を検討する方針を明らかにした。 刑事告発はこれまでも法律上は可能だったが、実施した例はなかった。 加入逃れの可能性のある約79万事業所について、すでに厚生労働省・日本年金機構による調査が行われている。 週刊SJSより
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム