「改正個人情報保護法」「改正マイナンバー法」成立

個人情報保護法とマイナンバー法の改正法が、衆議院本会議で可決、成立した。 個人情報保護法では、マイナンバー法に合わせ、取り扱う個人情報が5,000人以下の小規模事業者も規制の対象とし、新たに監視機関として個人情報保護委員会を設置することとした一方、「匿名加工情報」については企業が本人の同意なく活用できることとした。 マイナンバー法では、本人の同意を条件に銀行口座の預金情報をマイナンバーと結び付け、「メタボ健診」や予防接種の記録も結びつけて自治体などが使えるようにした。 また、日本年金機構の個人情報流出を受け、同機構はマイナンバーをしばらく扱えないこととなった。 週刊SJSより
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム