労使トラブル「金銭解決」は9割以上

厚生労働省が「予見可能性の高い紛争解決システムの構築」に関する調査結果を公表し、解雇などに関する労使トラブルが「労働局によるあっせん」や「労働審判」、「民事訴訟」に発展した場合、会社が従業員に金銭を支払って解決した事案が9割を超えたことがわかった。 〔関連リンク〕  「予見可能性の高い紛争解決システムの構築」に関する調査結果の公表について  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000088763.html 週刊SJSより
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム