医療制度改革法案、国会提出

政府は3日、医療保険制度改革関連法案を国会に提出した。 法案には、赤字を抱える国保の運営主体を2018年度から市町村から都道府県に移管し、国による財政支援を拡充して年3,400億円の公費を投入することや、安価なジェネリック医薬品の普及など医療費抑制に努める自治体に優先的に公費を配分する「保険者努力支援制度」の創設が盛り込まれた。 改革の必要性では野党の大半も一致していることから、今国会で成立する見通し。  【関連リンク】  厚生労働省が今国会に提出した法律案について http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/189.html 週刊SJSより
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム