2014年度の最低賃金 全国平均で16円増

厚生労働省が2014年度における都道府県ごとの最低賃金をとりまとめ、全国平均で780円(前年度比16円増)となったことがわかった。 新賃金は10月1日以降順次適用され、最低賃金が生活保護の受給額を下回る「逆転現象」はすべての都道府県で解消される見込み。 〔関連リンク〕  全都道府県で地域別最低賃金の改定額が答申されました  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000055734.html 週刊SJSより ※改定額一部抜粋  福島  689円 茨城  729円 埼玉   802円  千葉  798円 東京  888円 神奈川 887円
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム