約7割の企業が「65歳以上も雇用」 厚労省調査

厚生労働省が調査を行った「高年齢者の雇用状況」(6月1日時点)の結果を発表し、65歳かそれ以上まで働ける企業の割合が66.5%(前年 比17.7ポイント上昇)だったことがわかった。65歳までの雇用確保の義務付けは2025年度からだが、先取りして対応した企業が多かった。
 〔関連リンク〕
  平成25 年「高年齢者の雇用状況」集計結果
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000027435.html
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム