生産年齢人口が8,000万人を割り込む

総務省が「人口動態調査」の結果を発表し、日本の総人口が1億2,639万3,679人となり、4年連続で減少したことがわかった。死亡数が出生数を上回る自然減が過去最大を更新したことが影響した。15〜64歳の生産年齢人口は7,895万7,764人(全体の62.47%)と、初めて8,000万人台を割り込んだ。
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム