厚労省「追い出し部屋」問題で新たに調査へ

厚生労働省は、大手企業を中心に「追い出し部屋」と呼ばれる部署が増加している問題に関して、調査が終了した5社のほか、新たに3社を調査する方針を示した。違法な退職強要などの有無を確認するため、部署設置の目的や業務について、人事担当者などから任意で聞き取り調査を行う。今後、同様の部署の広がりが明確になれば、部署を設置した企業数の調査も検討する考え。
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム