国民健康保険料の地域差は約1.7倍

厚生労働省が2010年度における国民健康保険料の地域差を調査し、最も負担が重い徳島県と最も軽い東京都とでは約1.7倍の差があることがわかった。負担が重いのは徳島、大分、北海道の順で、軽いのは東京、神奈川、埼玉の順だった。
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム