「雇用調整助成金」助成率を引下げへ 厚労省

厚生労働省は、休業手当等の一部を助成する「雇用調整助成金」について、助成率を引き下げるとする見直し案を明らかにした。雇用情勢が持ち直してきたための措置で、大企業の助成率は来年4月から「2分の1」(現在は3分の2)、中小企業は「3分の2」(同5分の4)まで引き下げるとしている。被災3県(岩手、宮城、福島)については見直しの時期を半年程度遅らせる考え。

〔関連リンク〕
 雇用調整を行わざるを得ない事業主の方へは、こちら

ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム