「メタボ健診」受診率の高い健保組合を優遇へ

厚生労働省は、2013年度から、メタボ健診(特定健診)の受診率や保健指導の実施率が高い健保組合の財政負担を減らす優遇策を導入する方針を明らかにした。一方、保健指導をまったく行っていない組合の財政負担は増やす考え。受診率や指導率を高めて尿病などの病気を予防し、医療費抑制につなげるのがねらい。
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム