被災地における失業手当切れ 約27%が就職できず

厚生労働省は、被災地において1月12・13日に失業手当が切れた630人のうち、171人(約27%)の就職先が決まっていないと発表した。このうち求職活動を続けている人は148人、公共職業訓練を受け始めた人は3人、求職活動をしていない人は20人だった。
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム