公的年金保険料 国税庁の強制徴収実施は0件

日本年金機構が公的年金保険料の悪質滞納者に対する強制徴収を国税庁に委任することのできる制度(2010年1月導入)が、この2年間で1件も実施されていないことがわかった。同制度は厚生労働大臣を通じて委任できるもので、国税庁による強制徴収の対象となる納税者は100人程度いるとみられる。
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム