被災3県沿岸の失業手当受給者 前年比3.7倍に

東日本大震災で被害が大きかった岩手・宮城・福島3県の沿岸部において、10月末時点での失業手当受給者が前年同期比で3.7倍となっていることが明らかになった。一方、内陸部においては前年より少ない地域もあり、雇用回復に差が出ている。
ページトップへ

お電話でのお問い合わせ:0246-38-9001(電話受付:平日 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム