是正勧告対応

社会保険労務士は労働基準法・労働安全衛生法の専門家ですので、安心してご相談ください。

是正勧告とは労働基準監督署の指導です。労働基準法・労働安全衛生法の遵守状況の確認の為、調査に入ります。

是正勧告ワースト5

1.労働時間に対する違反

大半は36協定を届出ずに法定労働時間を超えて従業員を労働させていたケースです。
     また、届出をしていても、協定していた時間を超過していた場合、是正の対象となります。

2.就業規則の違反

就業規則の作成・届出義務を果たしていないケースです。

3.割増賃金に関する違反

サービス残業により割増賃金を支払っていないケースです。

4.労働条件の明示の違反

従業員の雇い入れ時に賃金、労働時間などを書面にて明示していないケースをいいます。

5.賃金台帳の違反

賃金台帳への労働時間の未記入などがそれにあたります。
     特に近年、日給月給者の労働時間の記載についての是正・指導等が増加しています。
(時間外労働、休日労働、深夜労働、労働時間数等)

まず上記1〜5について、きちんと対策しておくことが、労働基準監督署の立ち入り調査に対応するポイントとなります。

こんな経営者の方は、是非、ご相談下さい。

【サービス内容】

立ち会いから専門家を介入させたほうが安心です。ご希望の方はご連絡ください。