HOME  > コンテンツ  > 採用適正診断(CUBIC)

採用適性検査(CUBIC)

採用選考で活用する個人特性分析診断

事業発展と安定経営の基本はいかに『自社で実力を発揮する人材を採用し、定着させ、育成して実力を発揮させていくか』にかかっているといっても過言ではないといえます。そして、その大半が採用の段階から始まっています。

しかし、面接の短時間では応募者の一面しか理解することができないのではないでしょうか?

採用した後で、「こんなハズじゃなかった」「他の人の方が良かった」などと後悔しないためにも、プロの採用担当の視点から支援する採用適性検査CUBICのご使用をお勧めいたします。

面接の際はどのような事を重視されていますか?

短時間の面接で理解できるのはその方の表面的部分に限定されています。

面接で理解できる部分も、年1回1名を採用する事業所と新卒や中途を含め年間何百人の人と面接をする事業所とでは大きな差が出てきてしまう事は想像に難くありません。

「是非当社に来てほしい!」「この人ならウチで活躍してくれる!」と思って採用したのに期待したほどじゃなかった。もしくは期待していたのにすぐに退職してしまった・・・というご経験がある方は多いのではないでしょうか?

CUBICの特徴

CUBICは初めてお会いする方の目に見えない部分を科学的に分析・診断できます。

例えばその方がどういう性格の方なのか。負けず嫌いなのか、社交的なのか慎重な性格なのか・・・面接という限られた時間の中で瞬時に見極める事はなかなか難しい事ではないでしょうか?

CUBIC採用診断ではその方がどういう人材なのか客観的数値で多面的に診断いたします。

例えば

  1. 長く勤めることができる人材かどうか
  2. 面接時に確認をした方が良い項目の表示(人によっては出ない場合もあり)
  3. 募集している職種に適性がある人材かどうか

を数値で判断する事ができます。

しかしCUBICだけで採用を判定する事はできません。

その人が本来持っている気質や性格、職種への向き不向きを結果として表示する事はできますが、事務(会社)との相性や基礎知識、技能・経験のレベルを判断するのは採用者様ご自身となります。

まずはお試しで実際にCUBICを経験してみませんか?

ご希望の方はこちらから

 

上記お問合わせフォームに「CUBICお試し希望」と明記してください。

採用適性分析

面接だけでは不安

採用しても従業員がすぐ辞めてしまう

その人が本来持ち合わせている職種の適性が客観的に把握できます

長く勤務できる可能性があるかどうかがわかります

現有適性分析(組織分析)

管理職が自分の役割を果たせていない

社内の雰囲気があまり良くない

従業員の出入りが多い

従業員の適性傾向が客観的に把握できます
向いている仕事に従業員を配置することが可能になります

従業員が不満に思っていることや満足している事が明確になります

今、組織のために何をできるか何をすべきかを再認識できます。

お電話でのお問い合わせ(TEL:平日9:00〜18:00)
0246-38-9001
メールでのお問い合わせ
mailform
プリンタ用画面
前
パート社員戦力化
カテゴリートップ
TOP
次
人材派遣・紹介業許可・申請代行

人事労務管理 適性検査 CUBIC 賃金制度 人事考課 就業規則作成・変更 社会保険 労働保険 加入手続 労働問題 労働契約 他 の社会保険労務士事務所、営業エリア:福島県いわき市 郡山市 他 福島県(福島)全域 茨城県(茨城)北茨城市 高萩市日立市 水戸市 など

Copyright (C) 2008-2017 あすか社会保険労務士法人. All Rights Reserved.